,!--
Blog
-->

瀬戸市 交通事故 慰謝料

瀬戸市 交通事故 慰謝料

慰謝料とは、交通事故によるケガで、
被害者が受けた 精神的・肉体的な苦痛に対する補償のことです。

あるいは被害者が死亡したことによって、本人の遺族が受けた 精神的・肉体的 な苦痛に対する補償のことをいいます。
 
慰謝料について詳しく説明します。
交通事故における慰謝料を決めるには、以下の 3 つの基準があります。
自賠責基準(自賠責保険による慰謝料基準 )
任意保険基準(任意保険による慰謝料基準 )
弁護士基準(裁判をした場合の基準 )
の3つになります。
 
例えば「自賠責保険による慰謝料基準 」はこのように算出されます。
現在は1日当たり4,200円なので、実治療日数(実際に治療に通った日数)の2倍と、総治療期間( 治療にかかったトータルの日数)との少ない方を算出に使います。
 
たとえば、実治療日数15日、総治療期間60日の場合だと、
4,200円×15日×2倍=126,000
4,200円×60日=252,000
126,000円<252,000
となり、少ない方を使って算出するので、126,000円となります。

瀬戸市 接骨院 後遺障害認定

瀬戸市 接骨院 後遺症害認定

院に通院して怪我の治療を続けても、治療ではどうしても治らないものもあります。たとえば、以下のような問題を抱えることがあるわけです。
痛みのある神経症状が残る。腕や足が曲がらない。傷跡が残った。手足を切断した。

医師がこれ以上治療しても改善されないと判断した場合は、治療をストップすることになります。これを症状固定といいます。

症状固定になると、治療をしても怪我が治らずに障害として残ったという考え方をします。このことを後遺障害といいます。

この後遺障害に対しては慰謝料を請求できます。これを後遺障害の慰謝料といいます。

この 後遺障害の慰謝料は「 入通院の慰謝料 」とは別に計算することになります。

わかりやすく言うと、人身事故の場合は怪我で痛い思い、辛い思いをしたことに対する迷惑料として 入通院の慰謝料を請求できますが、後遺障害が残った場合は、それとは別に 後遺障害慰謝料 を請求できるということです。
 

月別カレンダー

2015年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
page-top