,!--
Blog
-->

瀬戸市 接骨院 坐骨神経痛

瀬戸市 接骨院 坐骨神経痛
・激痛ではないけれど、お尻・腰・太腿~足先まで、何故か痺れのような感覚に襲われ、
 とにかくだるい…
・ある特定の動きをした時だけ、一瞬動けなくなる程の衝撃が走る…
・とにかく、慢性的とも感じられるダルさがあり、熟睡できない…
 
これが、坐骨神経痛の実態です。
坐骨神経痛は、臀部から大腿部・下腿部にかけて痺れを発症させる症状を示します。
この厄介な症状を伴う坐骨神経痛、一体何が原因で引き起こされているのでしょうか。
様々な原因が考えられますが、最も多い原因として仙腸関節のズレによる骨盤の歪み・腰椎のズレによる馬尾神経・神経根が圧迫されることが挙げられます。
 
仙腸関節のズレ…私達の身体の中心(土台)は、仙腸関節を含む骨盤であり、それを支える脊柱が大黒柱のような存在であると言えます。「仙腸関節がずれることで、その弊害として脊柱が変形する」…交通事故で大きな衝撃を受けて、その状態になるまで放っておくと、坐骨神経痛を発症してしまいます。
 
腰椎のズレ…仙腸関節のズレ→骨盤の歪みを発症→脊柱が変形する→腰椎がズレてしまい、
馬尾神経・神経根が圧迫されると…坐骨神経痛を発症してしまいます。
 
このような原因によって、坐骨神経痛が発症してしまうと…
まず、日常の何気ない動作に痛み・ダルさを感じ始めます。
 
初期段階…歩くたびに臀部・太腿に電気が走ったような鋭い痛みを感じ…歩くだけでも、絶えずピリピリ・ピクピク鈍い痛みを伴います。
 
中度~重度…身体をどんな状態にしても激痛が走ります。痛みによる睡眠障害はもちろんのこと、酷くなってくると下半身の感覚が無くなってしまうこともあります。
(症状が悪化した結果、坐骨神経痛を発症した足の筋肉が衰えてしまい、左右の足の筋肉バランスが異様に変わってしまうこともあります)
 
坐骨神経痛は、筋肉の衰え・骨の密度の減退等々の要因から、中高年~ご高齢の方に多く発症するものと考えられています。
しかし現在では、若年層世代にも発症が多く見られています。坐骨神経痛という症状は、大きな個人差があります。
「これくらいの下半身の痛みや痺れなら、そのうち治るだろう。」と、安易な考えを持ってはいけません。早めの処置が、病状を軽減させます。

瀬戸市 交通事故 下肢機能障害

瀬戸市 交通事故 下肢機能障害
 
 股関節には,屈曲・伸展,外転・内転,外旋・内旋という6つの種類の運動があります。このうち,股関節においては,屈曲・伸展,外転・内転という3つの種類の運動が主要運動とされます。主要運動とは,各関節における日常動作にとって最も重要なものをいいます。多くの関節にあっては,主要運動は1種類しかありません。しかし,股関節には,屈曲・伸展,外転・内転という4つの主要運動があります。多方向に動く関節のため,制限が起こりやすい関節でもあります。
 
ひざ関節には,屈曲・伸展の2種類の運動があります。屈曲・進展は同一面の運動です。ひざ関節においては,この屈曲・伸展という2種類の運動を主要運動として取り扱います。
 
 
 足関節には,屈曲・伸展の2種類の運動があります。足関節における主要運動は屈曲・伸展とされています。
 
 なお,足関節には参考運動がありません。そして,関節機能障害の評価においては,参考運動を評価の対象とする場合として,主要運動の可動域が1/2ないし3/4をわずかに上回る場合とされています。したがって,そもそも参考運動が明確に設定されていない足関節においては,参考運動を評価の対象とする場合が観念できないため,主要運動の可動域が1/2ないし3/4をわずかに上回る場合であっても,単に機能障害に当たらないという評価を導くことになると判断されます。
page-top