,!--
Blog
-->

瀬戸市 交通事故 脳脊髄液減少症

瀬戸市 交通事故 脳脊髄液減少症
 
子供(18歳以下)の脳脊髄液減少症は大人とは異なった特徴があります。小学生、中学生、高校生と、成長の過程によって対処の仕方も、問題点も異なります。また、大人の診断方法が当てはまりにくいと言われています。
小学生
自分の症状を表現する力が未熟な傾向にあります。よほどひどい頭痛がない限り、脳脊髄液減少症と気付きにくいのが特徴です。保護者や養護教員など、周囲の大人が注意深く観察してあげることが必要です。小児には身体への負担を考え、保存療法(臥床安静・水分補給)で回復させていくことが望ましいとされています。
中学生
体育の授業や部活が原因で発症する機会が増えます。また、急激に身長が伸びる年齢でもあるため、起立性調節障害を併発することもあります。欠席日数が増えることで、高校進学が難しくなることが大きな問題となっています。
高校生
中学生と同様の傾向にありますが、より大人に近い年齢となっているため、脳MRI、CTなどで診断できるケースが増えてきます。高校では欠席日数や単位不足により、進級や卒業に影響が出ることがあり、それに伴い我慢してしまう生徒も多くいるようです。

瀬戸市 むちうち 接骨院

瀬戸市 むちうち 接骨院
 
運転中、ドライバーは後ろからの車の接近に気づかないので、首の筋肉はリラックスしています。そこに、突然後ろから大きな力が働くことで、首が勢いよく後ろにのけ反ってしまいます。さらに、この反動によって、重い頭を振り子として前にまがります。
その結果、首の骨(頚椎)および筋、靭帯、椎間板、神経などの軟らかい部分が痛んでいることが考えられます。首からは肩および腕、手、胸、背中、後頭部へ伸びる神経が出ていますが、これらの神経に障害が出ると、それぞれの部位にシビレや痛み、脱力感などの症状が認められます。
また、交感神経が過剰に興奮してしまうと、頭痛やめまい、耳鳴り、吐き気、眼痛などの自覚症状を訴えることも多く認められます。さらに、脊髄に影響が及ぶと、足のしびれや排尿・排便障害なども認められることがあります。
追突事故に限らず首のケガをした場合、このような症状が出ることがあるので気をつけましょう。

月別カレンダー

2015年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
page-top