瀬戸市 交通事故 積極損害

交通事故で怪我をすると多くの場合は通院をして治療をしたり、場合によっては入院をすることもあります。その際に、
被害者が実際に支払った費用(実費)や、今後 確実に支払うことになる費用のことを積極損害と言います。

たとえば、このようなものが当てはまります。


治療費用 診察費用 入院費用 ( 約 1,300円 ~ 1,500円 / 1 日 )入院雑費用 手術費用 リハビリ費用 付添看護料 ( 約 5,000円 ~ 6,500円 / 1 日 ) 介護費用 通院交通費 通勤交通費 葬儀費用
などになります。

これらの費用を既に支払ったり、今後支払うことが確実だという場合に請求することができます。

基本的に請求出来る項目は決まっているのですが、何が請求できるのかは専門家でなければわからないことが多いです。

そのため、専門家に相談するまでは 「 事故に遭わなければ支払う必要のなかった費用は全額請求する 」というつもりでいたら、請求漏れもないと思います。

たとえば、上記のもの以外にも、車椅子を使うことになったことで 家の出入り口 や 廊下、お風呂場、トイレ、車などを改造する必要があれば、その費用も請求できることも出来ます。また、看護に必要なベッドやイスの購入費も請求が可能です。

さらに、子供の学習費や保育費も請求することが可能な場合もあります。(怪我の度合い・年齢・家庭状況を考慮して判断されます)

つまり、交通事故の被害によって発生した費用であれば、請求が認められることがあるわけです。