瀬戸市 交通事故 後遺症認定
むち打ちは、軽度のものからある程度重篤なものまでありますが、自覚症状だけの場合、詐称といわれてしまうことも多いようです。これまでの裁判例からして、むち打ち症と判断するに当っては、・追突衝突自体の衝撃の程度、及びそれが身体に及ぼした程度。・追突衝突の様態、被害者の姿勢等。症状発現の経過、当初の医師の診断及び治療経過等。これらの内容を加味したうえで判断されることになります。

自覚症状だけでも、むち打ち症による後遺障害の認定ができないわけではありません。一定の症状があり、これにより日常業務に影響があるときは後遺障害が認められる場合もあります。
 
特に、症状発現の経過とその変遷、当初の医師の診断及び治療経過等は、自賠責保険の認定で重視されます。継続して治療を続けても改善しない場合、症状固定ということになります。この場合は、医師と良く相談し、後遺障害診断書を書いてもらうよう依頼することになります。