まずは警察に連絡し、交通事故の届け出をします。加害者はもちろん、加害者からの届け出が必要になります。怪我をした場合「人身扱い」の届け出が必要です。
 
また、自賠責請求のために交通事故証明書が必要になるので、早めに自動車安全運転センターへ交付を依頼しましょう。次に加害者の情報を集めましょう。
 
相手の氏名、住所と連絡先、名刺を交換しておくというのもよいでしょう。忘れがちなのは車のナンバー、自賠責保険の確認です。重要なことになってきますので必ず確認しましょう。
 
第三者(事故の目撃者)を確保することもお忘れなく!!万が一、トラブルになってしまった時に第三者の意見は効果的になってきます。目撃者の協力を得て、証言をメモしておきましょう。事故のショックもあり、事故当時の記憶は薄れてしまうことも多いです。
 
できるなら事故現場の写真や見取り図、事故の経過などを記録として残すことも重要です。データとして賠償交渉終了時まで残しておけば安心です。