瀬戸市 接骨院 後遺障害認定

後遺障害とひとことで言っても色々な階級に分かれています。腕が動かない人と、寝たきりになってしまった人だと、障害の重さが違いますよね。この重さをわかりやすく階級で分けているのですが、このことを、「等級」と呼び、以下のように定められています。
等級(1級~14級)各等級に細かく分類されていて、それぞれの具体的な症状が記載されています。
この等級によって支払われる慰謝料や逸失利益の金額が決まるので、等級を決めるのはとても重要な作業となります。

まずは、あなたがどの等級に該当するかを決めなければならないのですが、この等級を判定して決めるのは あなたではありません。医師でもなければ、保険会社の担当者でもありませんし、弁護士でもありません。

自賠責損害調査センター調査事務所
保険会社のOBで構成さています自賠責損害調査センター調査事務所。ここに後遺障害等級認定の申請をして、等級を決めてもらうことになります。
 
次に、医師が発行する「後遺障害診断書」と、自賠責保険会社にある「後遺障害補償請求書」に必要事項を書き込んで提出します。この他に「交通事故証明書」などが必要になる場合があります。

これらの書類を揃えたら、自賠責保険会社を通して損害保険料率算出機構 に依頼します。

等級 が決定されるまでの期間はおおよそ1 ~ 2 ヶ月 ほどで 、ここで出された等級を基に損害賠償請求を行います。