瀬戸市 交通事故 加害者
交通事故治療のご案内(加害者)任意保険を利用することで、加害者でも窓口負担は0円
交通事故は、いつ自分が加害者になるか分かりません。
事故による痛みは被害者も加害者も同じです。
自分が加害者だからと泣き寝入りすることなく、しっかりと治療を行いましょう。交通事故イメージ1病院での治療医師イメージ1不運にも事故に遭い、身体のどこかに異常を感じた場合、すぐに信頼のおける病院へ行き治療を行う必要があります。
加害者の中には『治療費が自己負担なら…』と治療に後ろ向きな方もいらっしゃいますが、後日になって痛みが出てきたり、自然に治ると思っていたものが治らなかったり、後々苦しい思いをしてしまうというケースも多いのが実情です。
そのため、例え交通事故直後の症状が軽くても、遠慮することなく病院へ行き、しっかりと治療を行わなければいけません。
 
治療費について(加害者の場合)加害者の方が、任意保険(人身障害)に加入している場合、それを利用して治療を行うことができます。これは契約中の自動車や他の自動車に乗車中・もしくは歩行中等の自動車事故によって死亡・もしくは傷害や後遺障害を被った場合、各保険会社が定める算定基準に基づいて保険金が支払われるというものです。怪我をされてしまったご自身だけでなく、同乗者の方もこの保険を使った治療が可能です。
 
「人身傷害」だけを利用する事故の場合、いわゆるノーカウント事故(保険の等級が下がらない)として処理がされます。(※詳細は来院時にお聞きください。)
加害者の場合、自賠責保険が使えず治療費が高額になってしまうと心配される患者様も多いのですが、このように加入されている任意保険(人身傷害)を使うことで十分な治療を受けることができるようになっています。任意保険の補償内容について任意の自動車保険は上記のように、対人・対物といった対象や、自身・相手といった立場によって補償内容が区分されています。