瀬戸市 むちうち 接骨院
 
運転中、ドライバーは後ろからの車の接近に気づかないので、首の筋肉はリラックスしています。そこに、突然後ろから大きな力が働くことで、首が勢いよく後ろにのけ反ってしまいます。さらに、この反動によって、重い頭を振り子として前にまがります。
その結果、首の骨(頚椎)および筋、靭帯、椎間板、神経などの軟らかい部分が痛んでいることが考えられます。首からは肩および腕、手、胸、背中、後頭部へ伸びる神経が出ていますが、これらの神経に障害が出ると、それぞれの部位にシビレや痛み、脱力感などの症状が認められます。
また、交感神経が過剰に興奮してしまうと、頭痛やめまい、耳鳴り、吐き気、眼痛などの自覚症状を訴えることも多く認められます。さらに、脊髄に影響が及ぶと、足のしびれや排尿・排便障害なども認められることがあります。
追突事故に限らず首のケガをした場合、このような症状が出ることがあるので気をつけましょう。