瀬戸市 交通事故 後遺症

瀬戸市 交通事故 後遺症
交通事故というのは日常生活では考えられないような強い力が身体に加わります。なので、傷んでしまった組織が綺麗に元通りになり痛みがすっきり取れるとも限りません。その痛い症状が残ってしまうことを「症状固定」と言い、その症状によって「後遺症認定」がなされ「慰謝料」が支払われます。まれに保険会社から痛みが取れないうちに円満解決を持ち出され治療が打ち切られてしまうことがあります。そんな時は自動車損害賠償責任保険後遺障害診断書を取り寄せ、掛かり付けのドクターに書いてもらいましょう。(接骨院と病院を掛け持って通院することは可能です)そしてその診断書の情報に基づいて後遺症の等級が決定されます。痛みが残ってしまっているのに泣き寝入りをしてしまう必要はありませんので参考にしてください。

瀬戸市 交通事故 脳脊髄液減少症

瀬戸市 交通事故 脳脊髄液減少症
 
子供(18歳以下)の脳脊髄液減少症は大人とは異なった特徴があります。小学生、中学生、高校生と、成長の過程によって対処の仕方も、問題点も異なります。また、大人の診断方法が当てはまりにくいと言われています。
小学生
自分の症状を表現する力が未熟な傾向にあります。よほどひどい頭痛がない限り、脳脊髄液減少症と気付きにくいのが特徴です。保護者や養護教員など、周囲の大人が注意深く観察してあげることが必要です。小児には身体への負担を考え、保存療法(臥床安静・水分補給)で回復させていくことが望ましいとされています。
中学生
体育の授業や部活が原因で発症する機会が増えます。また、急激に身長が伸びる年齢でもあるため、起立性調節障害を併発することもあります。欠席日数が増えることで、高校進学が難しくなることが大きな問題となっています。
高校生
中学生と同様の傾向にありますが、より大人に近い年齢となっているため、脳MRI、CTなどで診断できるケースが増えてきます。高校では欠席日数や単位不足により、進級や卒業に影響が出ることがあり、それに伴い我慢してしまう生徒も多くいるようです。

瀬戸市 むちうち 接骨院

瀬戸市 むちうち 接骨院
 
運転中、ドライバーは後ろからの車の接近に気づかないので、首の筋肉はリラックスしています。そこに、突然後ろから大きな力が働くことで、首が勢いよく後ろにのけ反ってしまいます。さらに、この反動によって、重い頭を振り子として前にまがります。
その結果、首の骨(頚椎)および筋、靭帯、椎間板、神経などの軟らかい部分が痛んでいることが考えられます。首からは肩および腕、手、胸、背中、後頭部へ伸びる神経が出ていますが、これらの神経に障害が出ると、それぞれの部位にシビレや痛み、脱力感などの症状が認められます。
また、交感神経が過剰に興奮してしまうと、頭痛やめまい、耳鳴り、吐き気、眼痛などの自覚症状を訴えることも多く認められます。さらに、脊髄に影響が及ぶと、足のしびれや排尿・排便障害なども認められることがあります。
追突事故に限らず首のケガをした場合、このような症状が出ることがあるので気をつけましょう。

瀬戸市 交通事故治療

瀬戸市 交通事故治療
 
むち打ち
頭痛、吐き気、めまい
手先、足先のしびれ
腰の痛み
膝の痛み
背中の痛み
 
交通事故に遭ってしまってから、上記のうちひとつでも症状を抱えているようなら、専門治療が必要になってきます。
 
交通事故によるケガは後遺障害が残りやすいケガが多いため、安易に考え放置してしまうと大きな障害を被ってしまう可能性があります。
 
現在、他の病院(整形外科・接骨院等)に通院されている方でも転院は可能です。
少しでも早く交通事故知識の豊富な専門院での的確な治療を受けることをおススメします。
 
「自賠責保険」とは?
 
自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)とは、公道を走るすべての自動車やバイク(原付含む)に加入が義務づけられており、一般に「強制保険」と呼ばれています。交通事故の被害者が、泣き寝入りすることなく最低限の補償を受けられるよう、被害者救済を目的に国が定めた保険制度です。
 
被害者の保護を目的としているので、本来は保険の契約者である加害者が保険金の請求を行うのですが、被害者も自賠責保険に対して請求できます。被害者が請求を行う場合は保険金の請求ではなく損害賠償の請求と呼ばれますが、被害者にとっては同じ金額が補償されます。
 
治療期間について
 
平均的な治療期間は3ヶ月~5ヶ月程度。 これはケガの程度や事故の種類によっても一概にはいえないですが、おおよその目安になります。
交通事故治療で大事なことは「少しでも早く治療を開始すること」「症状にあわせた治療法で最後まで治療しきること」です。なので究極のトコロ、目安にとらわれない治療が必要になってきます。

瀬戸市 接骨院 坐骨神経痛

瀬戸市 接骨院 坐骨神経痛
・激痛ではないけれど、お尻・腰・太腿~足先まで、何故か痺れのような感覚に襲われ、
 とにかくだるい…
・ある特定の動きをした時だけ、一瞬動けなくなる程の衝撃が走る…
・とにかく、慢性的とも感じられるダルさがあり、熟睡できない…
 
これが、坐骨神経痛の実態です。
坐骨神経痛は、臀部から大腿部・下腿部にかけて痺れを発症させる症状を示します。
この厄介な症状を伴う坐骨神経痛、一体何が原因で引き起こされているのでしょうか。
様々な原因が考えられますが、最も多い原因として仙腸関節のズレによる骨盤の歪み・腰椎のズレによる馬尾神経・神経根が圧迫されることが挙げられます。
 
仙腸関節のズレ…私達の身体の中心(土台)は、仙腸関節を含む骨盤であり、それを支える脊柱が大黒柱のような存在であると言えます。「仙腸関節がずれることで、その弊害として脊柱が変形する」…交通事故で大きな衝撃を受けて、その状態になるまで放っておくと、坐骨神経痛を発症してしまいます。
 
腰椎のズレ…仙腸関節のズレ→骨盤の歪みを発症→脊柱が変形する→腰椎がズレてしまい、
馬尾神経・神経根が圧迫されると…坐骨神経痛を発症してしまいます。
 
このような原因によって、坐骨神経痛が発症してしまうと…
まず、日常の何気ない動作に痛み・ダルさを感じ始めます。
 
初期段階…歩くたびに臀部・太腿に電気が走ったような鋭い痛みを感じ…歩くだけでも、絶えずピリピリ・ピクピク鈍い痛みを伴います。
 
中度~重度…身体をどんな状態にしても激痛が走ります。痛みによる睡眠障害はもちろんのこと、酷くなってくると下半身の感覚が無くなってしまうこともあります。
(症状が悪化した結果、坐骨神経痛を発症した足の筋肉が衰えてしまい、左右の足の筋肉バランスが異様に変わってしまうこともあります)
 
坐骨神経痛は、筋肉の衰え・骨の密度の減退等々の要因から、中高年~ご高齢の方に多く発症するものと考えられています。
しかし現在では、若年層世代にも発症が多く見られています。坐骨神経痛という症状は、大きな個人差があります。
「これくらいの下半身の痛みや痺れなら、そのうち治るだろう。」と、安易な考えを持ってはいけません。早めの処置が、病状を軽減させます。

月別カレンダー

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
page-top