後遺障害認定の流れは、主治医に「後遺障害診断書」を作成してもらい、それを損保会社に提出することで最終的に損害保険料率算出機構が審査し、等級が決定します。