病院では医師が診断するためにレントゲンを撮ります。
レントゲンで骨に異常が無ければ痛み止めと湿布を渡されます。
しかし「むちうち」は骨の周囲の軟部組織(筋肉や神経など)に異常があり痛みが出現しているのです。
筋肉や神経の異常は残念ながらレントゲンには写りません。
なので、実際には痛みや違和感があっても、レントゲン上、異常無しと診断されてしまいます。
※当院では、レントゲンは撮らなくてもカラー療法にて筋肉や神経の異常が瞬時に分かります。
そして、それに対する治療を行いますので、結果が出ます!
交通事故の患者様にはカラー治療を無料で行っています。